超簡単な枝物インテリアのやり方、長持ちする枝物でお金をかけずに部屋をお洒落に

ドウダンツツジの枝物

まず初めにご了承いただくと、管理人はお花のいろはの「い」も知らないような人間です。
絶対に枯れないと言われたゴムの木の鉢植えを、枯らしたこともあります…
そんな私ですが、枝物は続けられています。これが手がかからず、やり方も簡単で、非常にお洒落なので、とても重宝しております。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

枝物趣味への入口はインテリアカタログ

インテリアが結構好きで、こだわりたい人です。傾向はナチュラルモダンや、北欧モダン。
何年か前に一軒家に移り住んだため、そのときに結構色々勉強しました。
インテリア雑誌を結構読み、結構こだわって大き目家具も購入し、そして雑貨を買う前に資金がつきました。
一軒家に住み何年か経ち、そろそろディスプレイ的インテリアも飾りたいなーと思い立ちました。
よくインテリア雑誌などを見ると、装飾=壁などに飾るアート、花を花瓶にさしてさりげなくいろんなところに飾る、という方法で、なんだかやたらお洒落に見せているような気がしました。
特に素敵なフラワーベースなどをテレビ台の上に置いたり、チェストの上に置いたりする、モダンな感じが好き!
たとえて言うならボーコンセプト。

だがしかし、管理人はずぼらなのです!
生けた花なんて手入れ大変そうで。そしてすぐ枯れるイメージ。
そして枯れたらまた買わなきゃいけないから、大体一週間おきに花屋で購入しなくてはなりません。
どんなに安くても500円くらいの花を購入すると500円×4週間で、一か月2000円の出費。

お金がかかることに気が付きました。
そんななか、ぼーっとしながら憧れのボーコンセプトのカタログをwebで見ていると、大体どのページにも、枝が花瓶に生けてあることに気が付きました。俗にいう枝物ですね。

昔は日本では生け花などに使われた枝物ですが、今は大き目の花瓶に直接バサッと行けるのが流行中。
しかも水も毎日変えなくてよさそうだし、ものによっては一度買えば1か月以上持つとのこと!
これはお金もかからないし、良いんじゃない??

早速枝物について調べ、挑戦してみました。

枝物インテリアのやり方、生け方

まず枝物を生ける花瓶を用意しよう、ニトリとかイケアでOK

まずは花瓶です。
今どきはお洒落な花瓶がいっぱいあります。北欧っぽいのとか超好き。
が、我が家は幼児住みなので、高価な花瓶であっても、いつ何時倒されるかわかりません。
高価な花瓶を買ったところで、走っているわが子に壊される可能性もあります。
なにより財政難なので、そんなに素敵な花瓶は買えません。花瓶って結構高いのよ……

そんな時はニトリです。ニトリは庶民の味方、ニトリは最高です。
枝物を生けるにはある程度重さと高さのある大きい花瓶が必要ですが、これもニトリには安く売っています。
管理人は1,290円(税込)で一番大きくて、高さと安定感のある花瓶を買いました。素材はガラスです。
イケアが近所にあればもちろんイケアの花瓶もおすすめです。
しかし、管理人は北の大地居住のため、イケアには飛行機に乗らないと行けません…
ニトリ楽天市場店

ニトリ花瓶
参照:https://www.nitori-net.jp/webapp/wcs/stores/servlet/ja/ec

追記;セレブになったらホルムガードのフローラの花瓶が欲しい

枝物を色々ネットでみていると、素敵な花瓶がわんさかありますね。ああ…セレブになりたい。ニトリじゃ物足りなくもなってきました。

そんな私の次の狙いは、Holmegaard Flora (ホルムガード フローラ) 。

Holmegaard Flora (ホルムガード フローラ) ベース 24cm

価格:7,560円
(2016/11/4 19:44時点)
感想(597件)

お値段も諭吉はいかないし、少し検討の余地ありだなー。買ったらレポします。買えるかわからんけど…。

枝物はどこで販売してるの?とにかく花屋に買いに行こう

花瓶が手に入れば、あとは飾る枝物を購入するだけです。
管理人が枝物を探し始めたのは3月。
そもそもどの月にどの枝物が流通しているかもわからず、とりあえず「枝物 3月」とかで検索する日々。

どうやら啓翁桜という桜が出ている時期らしいことを知りました。盆栽とかにも使われる桜です。というわけで花屋へGO。
花屋さんによって、枝物の扱いがあるところ、ないところがありました。
普段買い物をしていても花屋さんなんて見向きもしなかったので、ぜんぜんわかりません。
とにかく刑事のように足を使って探しました。まだまだHPに取扱商品を載せている花屋さんは少ないのです。

やっと枝物を販売している花屋さんを発見、啓翁桜を購入

花屋巡りをし、やっと枝物を取り扱っている花屋さんを見つけました!
3月にあったのは啓翁桜と猫柳。
なんとなく家で花見ってのもオツだしなんかセレブっぽい?なんて考えて、啓翁桜の枝物を購入しました。
価格は600円くらいでした。

さあ、枝物を花瓶に生けよう

家に帰り、枝物を花瓶に生けてみました。
買ってきた枝をニトリどデカ花瓶に生けます。
…うん、なんかお洒落!!!
桜のつぼみがちょこんとついていて、とってもキュートです。
どこに置くか迷いましたが、せっかく高さのある枝と花瓶なので、良く目につくテレビの横の床に直置きしてみました。
なんかよい感じです。花瓶の中の水には、切り花が長持ちする薬剤(花屋でくれました)を入れました。

12816844_1951131255112686_523054216_n(1)

桜はすぐ枯れる

生けた枝物の啓翁桜が日々開花していき、3日くらいで満開に。
なんてすてきなの~るるる~超セレブ★と思ってたところ、あっという間に花が枯れました…
まあ、桜ってそういうものだよね…お花見だって開花は一瞬だもんね…。
啓翁桜の枝物は、開花が終わった後は、本当に普通の枝になってしまいました。そして横から葉っぱがにょきにょき生えてきました。
これはこれで良いんだけど、だったら葉物の枝物を飾りたいな~とまた花屋をめぐりました。
啓翁桜の枝物は、大体10日くらい飾ってたかな?期間は短いけれども、とてもきれいで遊びに来たお客さんにも好評でした。

ドウダンツツジの枝物との出会い

そのあとも何種類か枝物を飾って日々過ごしていたのですが、5月くらいにドウダンツツジの枝物が出始めました。
このドウダンツツジ、枝物は飾るととてもお洒落で存在感があり、何よりめっちゃ長持ちするらしいとのうわさを(ネットで)聞いておりましたので、見つけて即買い。

ドウダンツツジの枝物はめっちゃ長持ちする

生けてみると、案の定良い感じ!そしてめっちゃ長持ちします!!普通にぴんぴんした状態で3週間はいけます。今飾っているのなんて約1か月経ってます。
水も、減ってきたかな?って時に足したりしてるだけです。たぶん週1回くらい。
これなら一か月500円くらいで済むし、なんか部屋がお洒落だし、すごく良いかも。管理人が購入したドウダンツツジは540円くらいでした。
ボリュームのあるものなら1000円近くするものもありますし、もうそれ、ドウダンツツジの木やん、っていう3000円のものも見つけたことがあります。買わなかったけど
いずれも、スーパーの中にある花屋さんで見つけました。

ニトリの花瓶とドウダンツツジの枝物

現在の我が家のドウダンツツジ。
購入から1か月近く経っています。
540円のドウダンツツジの枝物に、ニトリの1,290円(税込)の花瓶。

枝物を長持ちさせるために管理人がやってること

たまに水切りはしてます、めちゃ適当に

購入してから時間が経ってきたら、いったん枝物の切り口を切りなおしてあげてます。
枝物や茎は、切り口が空気が触れると、水を吸い上げずらくなってしまいますので、たまに切り直ししてあげることが大事らしいです。
このときはシンク等に水を張り、そのなかに枝の水に入る部分を突っ込み切り口を空気に触れないようにしながら、水の中で斜めに切ってやります。これが水きりです。
枝物の場合は、切り口をさらに十字に切って、枝の中の青い面が沢山水に触れるようにします。こうすることで水の吸収がよくなり。
これだけで、結構持ちが違ったりします。
入荷から日数が経った枝物を購入したときは、購入後、最初に生ける前にもやると、効果的です。
買いたい花屋枝物の入荷日は、店員さんに聞けば教えてくれますよ。笑顔で聞きましょう。

花屋でくれる、切り花長持ちの液体かカードを必ず入れる

お花屋さんで花を買うと、花瓶に入れるとお花が長持ちする薬液を一回分いただけることが多いです。これは、枝物を購入した時もくれます。
これを入れるだけで、枝物の持ちが良いと思われますので、必ず入れましょう。

ドウダンツツジの枝物が近所に売ってない人は通販もあるよ

近所の花屋さんにドウダンツツジが売っていないという方は、このご時世、通販でも購入できます。

とはいっても取り扱っている店は少ないですが、「はなどんやアソシエ」さんでドウダンツツジの枝物の取り扱いがあります。販売時期は毎年違いますが、4月中旬から10月末くらいまで。

追記:はなどんやさんは、楽天市場にも出店しているようです。ドウダンツツジの5本セットが販売中。(【生花】ドウダンツツジ(枝物)1m程度::[5本]

【生花】ドウダンツツジ(枝物)1m程度::[5本]

価格:2,160円
(2016/9/1 19:43時点)
感想(31件)

グラスベース(花瓶)も売ってます、一緒に買うとすぐに枝物を楽しめますね。

即日★松野ホビー/ストレートラウンドポット(2L)/FR-548【00】《 花 資材花器、ベースガラス花器、花瓶縦長 》

価格:2,506円
(2016/11/21 15:26時点)
感想(2件)


↑上記に記載した、私の購入したニトリのグラスベース(花瓶)に似ています。大きさも同じぐらい。枝物を入れるのに使い勝手良いサイズです。

ニトリ:H40×φ15cm
はなどんや:H45×φ15cm

よくわかんねーけど洒落てる枝物を飾りたいって人は、初夏~秋になるまでドウダンツツジを飾っとけばオッケー!

5月くらいから秋くらいまで、ドウダンツツジが店頭に出ている限りは、飾っておけばとりあえず家はお洒落に見えます。
それに、持ちがダントツに良いので、経済的。すっかり気に入ってしまった管理人は5月からずっとドウダンツツジを飾っています。
購入したのは2回だけ、それで2か月持っています。
そんなにこだわりはないけど、お家をお洒落に飾りたい、誰かお客さんが来るから少し華やかにしたい、というとき。
花瓶代と枝物代で2000円もしないでお部屋がおしゃれになります。
冬になったらどうするかまた冬が来たら考えよう。

枝物を飾ると、とってもおしゃれでやり方も簡単でした

花すら飾ったことのない私ですが、こんなやり方で枝物を楽しむことができています。
今は地べたに直置きしてますが、玄関の靴箱の上とか、高い位置においても、より素敵かも。
マネーが溜まったらちょっと良い花瓶とかも買ってみたいなぁ…(遠い目)。

当ブログ枝物の記事一覧はコチラ

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする