おすすめはタオル地!子供(幼児)がいてお風呂上りが忙しいママにこそ、バスローブ!

私は物心ついたころから、お風呂上りにはバスローブを着る習慣があって、これを人に話すと結構びっくりされたりドン引きされたりするんですが、最近は前よりバスローブ着る方も増えてるのかな?どうなんだろう?

ビックリされたりドン引きされたりするたびに、バスローブの良さについてつらつらと語るのですが、そろそろそんな自分がウザいので、ネットにてつらつらと語ることにします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

子持ちママにこそ、バスローブを力いっぱいおすすめしたい!

子持ち母こそバスローブ

↑マイバスローブ(だいぶくたびれ気味)です

子供を産んでからというもの、バスローブの良さを再度実感する毎日です。

子供(幼児)と一緒にお風呂に入った後のお風呂上りに、服なんて着てる暇ありません。そうなると必然的に全裸やバスタオルを巻いて子供のお世話をすることになると思うのですが、これって寒かったりビショビショになったり、そもそもちょっといやだったりするじゃないですか。

でもお風呂上りにささっとタオルタイプのバスローブを着てしまえば、それで自分の身支度はひとまず完了!子供をバスタオルでふいてあげたり、隙をみて顔に保湿したり。充実した風呂上りを過ごすことができます。

私はそもそも身体が半乾きの状態で服を着るのが嫌なのです。だからって全裸で過ごすわけにはいかないし、バスタオルを巻いているのも子供の世話とかしてたらちょっとわずらわしい。

その点バスローブはとっても快適なんですよね。

バスローブの素材、おすすめはタオル地、これ一択!!

タオル地のバスローブならバスタオルが必要ない

バスローブの素材には色々ありますよね。マイクロファイバーやらオーガニックコットンやら、ガーゼやら。

個人的におすすめなのはやはり定番のタオル地です。なんでっつーとバスタオルを使う必要がないから。(あ、あと肌ざわりも個人的にはタオル地がやっぱりお気に入り)

フェイスタオル身体を拭きつつバスローブをはおることで、バスタオルを使わずにお風呂から上がることができるんですよ。これはバスタオルの洗濯が面倒くさい私には朗報だ!

というのも、バスタオルを毎日洗うと洗濯物がすごい量になりませんか?

バスタオルって毎日洗う派と毎日洗わない派にわかれるらしいですが、我が家は使うなら毎日洗う派。毎日毎日家族全員分のバスタオルを洗うのはちょっとっつーかぶっちゃけ面倒くさいので…はお風呂上りはフェイスタオルでささっと拭いて、その後バスローブを使用してます(バスローブは、たまに洗うかんじにしています。)

ちなみに後述しますが、我が家の子供もバスタオルを使いません。フェイスタオルで拭いてバスローブ着てます。バスローブがえらく気に入ってるようで…下の子(3歳)は着せないとめちゃご立腹になります…。

という訳で、我が家でバスタオルを使うのは夫だけですな。(夫は気恥ずかしいらしくバスローブ拒否、石田純一氏をイメージしてしまうらしい。世代が出るね。)

子供にもお風呂上りはバスローブが超おすすめ

子供バスローブ(乳児~3歳)

前出の通り、子供にバスローブ超おすすめです。

我が家では、第一子が生まれたときにお祝いで頂いた、アフタヌーンティーのバスローブがいまだに現役(約6年、上記写真のもの)。

今現在着ているのは下の子ですが、3歳でちょっとちいさくなってますが問題なく着てます。そろそろサイズアウトかなぁ~。タオル地でとっても良いです。気に入ったので友人の出産祝いにプレゼントしたりもしました。おすすめ。

子供バスローブ(上の子4歳~)

上の子は、頂きものの、コストコのバスローブを着用中。これはタオル地ではなく、マイクロフリースかな?サイズアウトも近いので、次回はタオル地のバスローブ購入予定。

良いの探してますが、7歳以上の子供のバスローブってあんまりなさそう?どうなんだろう?

ちょっと肌寒い時期とか、裸でウロウロはちょっと…と感じる方も、お風呂上りはささっと髪と身体の水分をフェイスタオルで拭いてあげて、バスローブを着せてあげることで、お風呂上りもゆったり過ごすことができます。バスタオルの洗濯も、使わないから必要なし。(ここ重要)

寒い時期に裸でウロウロすると風邪ひきそうで心配ですが、バスローブを着せちゃえばちょっとくらい放っておいてもなんか安心(母的に)。

母もバスローブを着て、顔から蒸発しまくる水分を補給することができます(要は保湿、スキンケアですね)。

子供はこれが習慣になっているので、上の子は放っておいてもバスローブを自分で着てます。

なんやかんやつらつらと書きましたが、子持ち、親子でバスローブ習慣。

とってもおすすめです。ぜひ一度お試しあれ~。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする