【補助輪外し方】2歳からストライダーに乗っていた5歳児の、自転車の補助輪が10分で外れた体験談

38H

我が家の長男の補助輪が外れました。正確にいうと、自転車を買ったその日に10分ほど練習しただけで、外れてしまいました。その秘密は噂のストライダー

今回は、ストライダーに乗っていた子ども(5歳)の自転車の補助輪が、一瞬(10分)で外れちまった話です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

2歳からストライダーを完璧に乗りこなす

ストライダーを乗りこなす2歳児

写真当時2歳

ストライダーに乗り始めたのは2歳前後だったでしょうか。当時はなんにでも興味を持ち、自信をもって挑戦するタイプだったので(今は別人のよう…)、特に何か教えたり指導したりはしませんでしたが、ストライダーにもどんどん乗って、すぐに乗れるようになりました。

2歳にしてストライダーさばきはなかなかのもので、すいすいと一人で遠くへ行ってしまうと親も結構頑張って走らなければ追いつけません。後述しますが、ききわけがしっかりできるようになるまでは大変でした…。

自転車OKの広い公園やキャンプ場で、ひたすらストライダーに乗る日々でした。ストライダーがあまりにも上手すぎて、補助輪付きの自転車を買おうとすら思わなかったです。

ペダルを漕げず三輪車には乗れなかった。が、その後も5歳までストライダーのみで過ごす

244H (1)

そんなこんなでストライダーを完璧に乗りこなす2歳児だったのですが、とある幼稚園の体験保育に行ったとき。(だいたい2歳半くらいでしたか)

三輪車の貸し出しがあり、やってみたいー!とのことなので、乗せてもらいました。

しかし、ストライダーに乗れる2歳児なのに、三輪車に乗れない!

ストライダーにはペダルがついていないため、ペダルをこいだ経験がなかった長男は、三輪車に乗ることができませんでした。

自宅にも三輪車はなかったため、そのままペダルをこぐ経験値を増やさずに、成長していきました。

三輪車を買うことも迷ったのですが、せっかくバランスよくストライダーに乗れているので、感覚に混乱が生じても困ると考え、そのままストライダー一本でいくことにしました。

出かけるときに持って行くにしても、ストライダーって場所をとらなくて良いんですよ。車のトランクにもひょいと積める。

使い勝手もよくて、すごく良かったです。

5歳になり、ストライダー卒業!

そんなこんなでストライダーに乗り続けていたのですが、身長が伸びてだんだん見るからに窮屈そうになってきました(笑

年長になり、小学校入学を控え、周囲もだんだん自転車を買ったよ、と言う声が大きくなってきました。子ども同士も自転車を買った話をするようで、本人も欲しい!と言うように。

そんな息子の声をスル―し続けていたのですが、夏休み明け、そろそろ自転車が売り切れるかもという声を聞きつけ、ついに重い腰をあげて自転車を購入しました。

最初から補助輪なしで自転車を購入し、練習開始

購入した自転車は補助輪なし

ストライダーに乗っていたのもあり、後から自分で補助輪を外すのが面倒くさいのもあり、購入時についていた補助輪をはずしてもらいました。かわりに片足スタンドを購入。

子どもには、練習するなら自転車を買ってあげるよ、という話をして、納得済み。

ちなみにトイザらスは工賃無料で片足スタンドも付けてくれます。そしてすべてが安い。新品でこんなに安い自転車中々ないんじゃなかろうか。

ネット販売もあります。我が家が購入した自転車はこちら、お手頃価格でした。
トイザらス AVIGO 16インチ 子供用自転車 アビス(マットブラック)【男の子向け】
icon

大き目のヘルメットも一緒に購入し(安い)、練習スタートです。
トイザらス AVIGO ジュニアスポーツヘルメット ブラック (52~55cm)【送料無料】
icon
icon
icon

ストライダー経験幼児(年長5歳)の、補助輪なし自転車の練習→10分で完了!

ストライダーに乗っていた子どもの自転車練習風家

「手を、手をはなさないでー!!」

いざ練習をはじめましたが、最初は怖がってなかなか積極的にペダルを漕ごうとはしません。補助輪を外して購入することに納得していたはずなのに、補助輪付けてー!と叫ぶ始末。母、断固拒否。というか補助輪、付けられません。

仕方がないのでサドル後ろからを支えながらしばらく並走してペダルを漕ぐ練習をしました(5分)一緒に走るだけで疲れるアラサー。

その後、しばらくしていけそうだな?と思ってこっそり手を放す。すると、転ぶことなく進んでいきました。

本人も、「え?今放してたの?ちょっともう俺乗れてるじゃん?」というコメントを最後に、手を放さないでとは言わなくなり、どんどん一人で乗り始めました。

その後、コツをつかんだのか、しばらく一人で乗ると(5分)完璧に乗れるようになりました。

支えて並走5分、自主練5分、合計10分で、あっという間に補助輪なしの自転車に乗れるようになっちまいました。

ストライダーに2歳から乗るのメリットとは?

かなり小さい(2歳とか)の時期からストライダーに乗せていた我が家ですが、乗せていたことで得られたメリットを考えます。

ストライダーの最大のメリットは自転車の補助輪外す手間がないところ

268H

長男が2歳の頃、ストライダーは出たてで、どうやら補助輪外しが楽らしい、という未確定情報(いつも通りGoogle先生に聞いた)で購入し乗り始めました。

3年の月日が経ち、息子が5歳になり実際にストライダーの威力を体験。補助輪なしの自転車に乗る練習がほぼなく済み、すんなり移行出来るという点が最大のメリットだと思いました。

このメリットだけでもストライダーに乗る価値はあると個人的には思います。

3、4歳で、補助輪付きの自転車を買わなくても良い

a0001_005534

周囲を見ると、ストライダーに乗っていない子は、年少、年中さんくらい(3~4歳)で、補助輪付き自転車を購入している場合が多いです。補助輪付き自転車とストライダーを比べると、やっぱりストライダーの方が価格が安い場合が多い。

年長でいきなり補助輪なしの自転車を買って与える方が、経済的にはお得です。

ストライダーにもデメリットはあります

とはいえストライダーにもデメリットはあります。小さなデメリットですが、メリットデメリットの大きさではなく数だけでいうと、我が家の場合はデメリットの方が多かった…(これは子どもの性格にもよりますが)

しかし、メリットの大きさから、下の子もストライダーに乗ってもらおうと考えてます。

参考までに我が家のデメリットを記載します。

ストライダーでどこでもすいすい=歩くのを嫌がる子どもになった

田舎住まいなのもあり、基本買い物やおでかけは車で、公園やキャンプ場でもストライダーで移動を繰り返していたところ、歩くよりストライダーに乗る方が好きになり、歩くと「疲れる」とほざく子どもに相成りました。。これは失敗でした。

小さいながらにスイスイストライダーに乗っているのが可愛いのと、下の子が小さかったのもあり、長距離を移動する時も、文句言わずにスイスイ進むストライダーに、乗れるところでは乗せまくってたのが要因です。まあ、親の責任ですな…。

我が家のお子が、ものすごいていたらく、というのも大きな要因だとは思いますので、歩いたり走ったりするのが好きな、アクティブなお子様であればここは心配ないのかも。

自転車の練習時間が少ない=親子で自転車特訓の経験ができない

772bcf531a8ff5549f90c16a75fd1d7f

話は変わりますが、皆さんは自転車の練習って覚えてます?

管理人は覚えています。

1年生の春、母親と二人で練習し、乗れなくてくやしくて泣いて、泣きすぎて吐きそうになりました。転んでできた傷はしみるし、溝にはまって泣くし、泣いてたら怒られるしでさんざんだった記憶があります。

でも、得たものも大きいと思うんですよね。大変さ=達成感、みたいな。さんざんなのも、親子の思い出、みたいな。

ストライダーに乗っていた子どもは、こういう思い出はないです。一瞬で乗れちゃうからね。

一瞬で乗れたことが自信にはなるので、良い面もあるとは思うんですけどね。自分は自転車は得意だ!すぐ乗れた!自信満々→自己肯定感アップ!みたいなね。

しかし血みどろ自転車訓練!っていうのを経験したい場合は、ストライダーはおすすめできません。

聞き分けができないとストライダーは危ない

ストライダーに乗る2歳

写真当時2歳、ギャングエイジ全盛期

ストライダーは早い子だと2歳で乗れるようになってしまうので、聞き分けがまだ不十分な時期に小学生並みにのスピードでスイスイ乗れる事も多いです。

となると、公園などを走っていてもどんどん遠くに行ってしまう事があります。(公道はもちろん禁止ですよ)

広い公園でも、息子の意止まってと言っても止まらないときに、スイスイ遠くに行ってしまうと、走って追いかけるのがとても大変でした…母痩せるけど。

ブレーキのないストライダーの場合、靴底が異常に減る

ストライダーにはブレーキが付いていない場合が多いです。なので、足で自転車を止めます。(ズズズーっと)

我が家のストライダーもブレーキがないものなので、まずは単純にすぐに止まれなくて危ないのが一点。そして聞き分けがある程度しっかりしてきて、足で自転車を止めると、靴底がどんどん減っていきます…穴あいたこともあります。

今は色々種類が増えて、ブレーキのあるストライダーも、結構あるようですね。

まとめ;自転車の補助輪を外すのに、ストライダーに乗っていた子どもは練習が(ほぼ)いらないのは本当だった!

two-crazy-jumping-pitbikers-picjumbo-com

ストライダーに乗っていると、自転車の補助輪がすぐ外れて、補助輪なし自転車に一瞬で乗れるようになりました。都市伝説は本当でした、本当にありがとうございました!(Google先生に敬礼)

我が家はあえて5歳まで補助輪なし自転車の練習はさせませんでしたが、ストライダーに乗っている子なら、4歳でも補助輪なしの自転車に乗れるのではないでしょうか?

個人的な自転車おすすめコースは、

2歳~4歳:ストライダー

5歳:自転車(補助輪なし)

かな?あまり早くに補助輪なし自転車に乗れても、聞き分け的に危ないかな~?とも思うので。

我が家のストライダーからの補助輪なし自転車マスターの体験談、よろしければ参考にしてみてくださいな。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする