Amazonプライム会員とFire TV Stickの組み合わせが最強に楽しく激安いと主婦が感動のレビュー

15983--ラップトップキーボード付きメガネ、または

突然の自分語りで恐縮ですが、わたくし地上波テレビはほとんど観ないんですよね。
オンデマンド大好き人間で、アニメとか海外ドラマが大好き。
そんな私は実家を出るまではWOWWOWを観ていたのですが、自分でカマドを持つようになるとWOWWOWはなかなか敷居(価格)が高い。

そんな時にAmazonのプライム会員と、Fire TV Stickに出会いました。プライム会員については、なんか便利らしいと知っていたのですが、Fire TV Stickは初耳。
これは簡単に言うとテレビに挿すだけでテレビがインターネット対応し、パソコンやタブレットに生まれ変わるイメージ。YouTubeとかニコニコ動画とか映画とかがテレビでみれます。
また、プライム会員になることで、Fire TV Stickで、プライムビデオというAmazonが提供する映画やアニメやドラマをみることができます。(※WiFi=無線LANが飛んでないと使えません。)しかもWOWWOWなどに比べると、超安い経費しかかかりません。

おうち大好きな私は早速プライム会員になり、Fire TV Stickを購入。結論から言うとこれやばいです。おうちが楽しすぎて引きこもりが加速。便利すぎてもうどこにも出かけたくないよおかあさーん!状態に。
今回は、そんなAmazonプライム会員&Fire TV Stickの組み合わせの恐ろしき楽しさと安さと利便性について語ります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

Amazonプライム会員になるメリットとは

そもそもAmazonプライム会員ってなんなの?
こちらはどうやら今Amazonが一番力を入れているシステムで、まあ、コストコで言うところの年会費みたいなもんですな。将来的にAmazonはこれで売り上げを確保するような気がする。
一年間3,900円でプライム会員になることができ、色々優遇されます。

・Amazonでの買い物の送料が無料
・お急ぎ便が無料で使える
・プライムビデオやプライムラジオが見放題&聞き放題
・プライムミュージックで音楽が聴ける
・Kindle端末が4000円引きで買える
・Kindle端末を持っていれば、Kindle本が1冊無料で手に入る

ざっと並べただけでこんだけメリットがあります。
以前はAmazonでの買い物はほぼすべて送料無料だったのですが、今現在はプライム会員以外、2,000円未満の商品は350円の送料がかかりますが、プライム会員は送料がすべて無料。
上手く引き込まれてる気もしますが、日用品をAmazonでかえばすぐに元はとれます。
お急ぎ便に関しては、お急ぎ便指定しなくても繁忙期以外は普通にお急ぎ便と同じくらいの日数で届いてたのであまり気にしてませんでした。(北海道の場合)

プライムビデオも、全然気にしてなかったのですが、最近ラインナップがまあまあ増えてきて良い感じ。特にアニメがアツい。
また、Fire TV Stickの登場で、テレビでプライムビデオがみられるようになったのが、個人的にはかなりポイント高しです。やっぱりテレビでみたいよねー。

Fire TV Stickでプライムビデオをみるには、まずはプライム会員になろう

というわけで、プライムビデオをテレビでみるために、Fire TV Stickが必要になります。また逆に、Fire TV Stickをフル活用するためには、まずプライム会員にならなくてはなりません。
プライム会員になるには、普通にAmazonで会員に入会します。

30日間は無料体験となり、期間内に解約しない場合年会費3,900円の請求が発生します。
私の場合はAmazonにてクレジットカード情報を登録してましたので、30日の間に解約をしなかったらそのまま自動的に請求が発生しカード会社から引き落としされました。
クリックすればとりあえずは無料体験で30日間はプライム会員となりプライムビデオやプライムラジオ等、プライム会員のサービス利用の権利が得られます。

と言うわけでFire TV Sticをとりあえず買ってみた

善は急げでFire TV Sticを購入しました。一番シンプルで安いものにしました。音声認識とかなし。我が家は光回線の無線LAN(Wifi)環境はすでにあったので、プライム会員入会とFire Tv Sticの購入以外には用意するものなし。
Fire Tv Sticは、既にプライム会員なので、注文すればお急ぎ便ですぐに届きます。

箱の中身にあるこれらをこんな感じで用意します。
Fire TV Stick画像
いたってシンプル。
コンセントに差し込み、テレビのHDMI端子に挿します。
HDMD端子
こんなカタチの穴。たぶん地デジテレビなら大体ついてる。

リモコンもとってもシンプル。そして小さい。ちなみにめっちゃ感度良いです。結構遠くにいても反応します。ソニーのリモコンと良い勝負。
Fire TV Stic リモコン

後は直観操作でGO★(適当)
初回起動時はプライムさん?みたいな人が出てきて色々教えてくれます。まずはWiFiの設定をします。インターネットにつながったら、あとはひたすらコンテンツを楽しむのみ。

無料コンテンツの充実に驚き、子ども向け番組が超充実

ドラえもーん!!会いたかった!!!と言うわけで我が家が購入した当時は、プライムビデオにて大山のぶ代様のドラえもんの映画見放題でした。
2016年7月現在は無料配信は終わり有料になっちまったようですが、一時我が家は空前のドラえもんブームでした。
親の都合で子どもにも大山ドラえもんをみせてました。なつかしすぎる…。もちろんNewドラえもんの映画も配信されてましたよ。

現在も、くれよんしんちゃんの映画は見放題です!青空侍のやつとかさぁ…。いいよね。ヘンダーランドの冒険とか、なつかしすぎ。自分がリアルタイムでみてたアニメを子どもと一緒に見られる喜びよ。良い時代になったもんじゃ(誰)

そのほかにも、つるぴか禿げ丸くんや、お坊ちゃまくん、パーマンなど色々と昭和な子供向け番組が充実、母歓喜。版権が安くなってるからかしら?
見せすぎるとちょっと昭和な子どもになるかもしれませんが、親子で楽しめます。

ラインナップはこちらで確認できます

プライムビデオ:https://www.amazon.co.jp/Prime-Video/b?ie=UTF8&node=3535604051

プライム会員じゃなくても、Fire TV StickがあればテレビでYouTubeがみれるよ

もしプライム会員を30日間で解約したとしても、Fire TV Sticがあればアプリをインストールすることで、YouTubeがみられます。
テレビでYouTubeをみられるというのは中々便利なもんで、もうテレビとパソコンの垣根がなくなったかんじ。
うちの子はYouTubeで、オリラジのPerfectHumanをみて踊り狂ってます…。これだけのためにFire TV Stic買っても良いくらい。

実家の古いテレビも、Fire TV StickでYouTubeが視聴可能に!

Fire TV Stickは持ち運び簡単なちっこいサイズ。地デジテレビであれば、基本的にHDMI端子はついてます。地デジカくんに占拠されたこの日本では、だいたいのテレビに装着可能でしょう。
我が家の実家には私が設定したWifiが飛んでいるので、実家のテレビにFire TV Stickを差し込めば、自宅と同じ環境に。
YouTubeもみれます。

1年間の経費はプライム会員年会費3,900円のみ!Fire TV Stic本体価格も一番シンプルなもので4,980円

年間経費と初期費用を算出してみました。算出ってほど難しい計算してないけど。
本体購入年度の経費は、

3,900+4,980=8,800円

その後は一年ごとにプライム会員料のみなので、1年間に3,900円のみ。うわーやっす!

有料の動画配信サービスの中ではべらぼうに安いほうだと思われます。だって一か月325円だよ?

こういうオンデマンドサービスってやってみると本当に便利でもうインドア派にはやばい楽しいです。
海外ドラマもみられるし、映画も結構入ってます。ミニオンズとかもうみれるよ。吹き替えで。
地上波をみない少数派の人にはぜひぜひおすすめしたい。

そしてFire TV Sticを買ってから、めっきりレンタルビデオ屋さんにも行かなくなっちまいました。
導入するまでは、ビデオ屋行ったほうが好きなもの選んでみることできるし安いし良いじゃん~なんて思ってましたが、実際にプライムビデオを導入してみると、そこそこのラインナップで、あるもののなかから選んでも、そんなに不便は感じません。
返しに行かなくてもよいし、借りにいかなくてもよいし、安いし。

今のところプライム会員の年会費は3,900円で済んでますが、将来的には値上げしていきそうな予感もします。現にアメリカのプライム会員価格はどんどん上がって2016年7月現在99ドルらしいですし。うまいなぁ、Amazon。そのころにはやめられないくらいプライムにどっぷりはまっているんだろうか…。

毎月2,000円以上するようなサービスは利用できなくても、現状年間3,900円で、月325円なら、引きこもることによって逆に節約できるんじゃないかと。ほら、家で退屈して出かけると外でお金使うしさ…と、今日も引きこもりが散財の言い訳をするのでした。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする