もうすぐ幼稚園年長お泊り保育、どんなリュックで行くの?子は本番一週間前から泣いてます

NIKEプールバック

さて、そろそろ夏休みがやってきますね。
我が家の幼稚園児も例にもれず夏休みに突入します。
その前に年長さんはお泊り保育があるところが多いですよね。
我が子ももうすぐお泊り保育、しおりやお手紙をもらって帰ってきました。
何やら持ちものやらかばん(リュック)やら、色々考えることがある様子。今回は、我が子の幼稚園お泊り保育についての事前リサーチ&つぶやきです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

幼稚園児お泊り保育、本番一週間前から泣く息子

園でもお泊り保育の説明があったようで、息子もそろそろお泊り保育だと実感したらしく、昨日帰ってきて突然泣き出しました。
行く前から泣いてるよ…しかも一週間前から。お泊り保育楽しみの「た」の字もないままママに会いたい、パパに会いたいと泣いてます。
まだ時間あるっちゅーに、いったい本番はどうなることやら。

一人でお泊りは、いまだかつて経験なし

我が子は親から離れて一人でお泊りしたことは一度もありません。
家から車で5分の距離のおばあちゃんちに一度挑戦してみたことはありますが、突如スカイプの着信があり、泣くのを我慢している息子が映し出され、かわいそう…という祖母の意見であえなく返却されたことはあります。
弟の出産のときはさすがに1週間程私と離れたことはありますが、まだ小さかったためおそらく本人記憶なし。そしてパパがいました。うーむこれは本当に、どうなることやらだなぁ。

お泊り保育、おねしょする子はどうなるの?

お泊り保育にあたって一番心配なのはおねしょ問題。
我が子はおねしょ、めっちゃします…。お泊りするならおむつのほうが良いくらいの頻発っぷりです。
しかし、もう年長さん。おねしょするからおむつ…っていうのは恥ずかしいお年頃ですよね。お友達の前ですし。

我が子が通う幼稚園は希望すればおむつをはくことができます。そしておむつを装着(穿く)際は、隠れてこっそり穿かせてくれるそうです。
また、事前申告すれば夜起こしてもらうこともできるようなので、事前に親が申告し好きなように選ぶことができます。
これは大体どこの幼稚園も一緒なのかな?おむつを穿かせるか、起こしてもらうか迷うところです。

お泊り保育のカバンってリュック?ボストンバック?我が家はドラム プールバック!

お泊り保育は大体園バックは使わない園が多いようで、我が子の園ももれなくそうです。
大き目のバック、という記載がありました。てっきりリュックが良いのかな、と思っていたのですが、確認したところ別にリュックじゃなくてもよいみたい。
当日は園から出て色々なところに出かけるそうですが、その際にはバックは持ち歩かないので、ボストンバックのようなものでも構わないとのこと。

最初はリュックにしようと思っていたのですが、リュックって深くて奥のものが取り出しづらいし、ただでさえぼやぼやした我が子なので、探しやすいボストンバックのような形が良いかなーと思っていたところ、ちょうど良さそうなプールバックを発見。
これ、プールバックってなってるけど、べつにボストンバックにしても良さそうだよね。斜めかけにもできるタイプだから両手もあくし。しかもプールバックとしても結構長く使えそうだし…と考えポチリと購入。

造りもナイキだけあってしっかりしていて、容量も14リットルなので、幼稚園のお泊り保育に持って行くには十分。デザイン的にも小学生になっても使えそう。幼稚園児サイズの修学旅行バックってかんじ。

プールバックだけど、ビニールでできているわけではないし、一見ボストンバック。旅行やお泊り保育におすすめです。今度から旅行の時もこれを使って自分の荷物は自分で管理させようかな。てゆうかこれ私もちょっとした荷物入れるのに使えるかも。こういうプールバックを、ドラムプールバックと言うそうな。しらなかったー。30超えても知らん事たくさんあります。

お泊り保育、息子の園は一人ひとつまでぬいぐるみ持ち込み可能

心の支えと言うのでしょうか、お泊り保育の日はひとつまでならぬいぐるみやお守りを持ち込めるようです。
我が子にも何を持っていくか聞いてみたところ、いつもなら見向きもしないぬいぐるみを持っていくとのこと。あんた、本当にそれで良いんかい?(笑)
まあ、普段特段何かぬいぐるみをもって寝てる訳じゃないからなぁ。とりあえず本番に向けて、今日からぬいぐるみと一緒に寝ることにしたようです。

上の子がお泊り保育でいなくても、下の子はいるのよね

お泊り保育の日、子がいなくてフィーバーするお母さんも多いみたいですが、我が家は下の3歳児がいます。
むしろ、兄さんがいないと遊び相手がいなくて3歳児暇持て余します。どうしようかな…。
しかも子どもの園は、買える日は朝8時に幼稚園に迎えに行くのです。早いなあ。

そして私自身もこんな余裕ぶっこいてるけど、いざ子どもがお泊り保育に行くと、きっとものすごくソワソワするんだろうな。何か予定を入れておかなきゃ。
とりあえずは、風邪をひかないように気を付けながら、親子で本番を待つ日々です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする