土屋鞄ランドセルがすごいことになってるんだね、2016夏のハナシ

土屋鞄ランドセル展示会画像_1

先日、土屋鞄の展示会に行ってランドセルを買った記事を書いたのですが、同じ日に展示会に行く予定だったけど、お子さんが熱を出して行けなかったママ友から連絡がきました。
なんか土屋鞄がすごいことになってるんだけど…。とFacebookのイベント告知をみせてもらいました。(Facebookやってないもので)

スポンサーリンク
レクタングル大広告

土屋鞄のランドセル、今年は早々売り切れ展示会も中止になるかも?!

なにやら例年より注文が前倒しになっており、展示会をする前に売り切れるランドセルがポチポチと出てきそうということと、基本的には一拠点につき2回展示会をするのですが、もし万が一全商品売り切れの場合は、展示会の開催も中止する=2回目の展示会ができないかもしれない、という内容でした。
二回目の展示会に行こうと思ってたからもし流れたら残念だわーとママ友は嘆いておりました。

どんどん前倒しになる日本のランドセル商戦

ほほーなにやらなんでも前倒しになる傾向にあるけど、ランドセル商戦も年々前倒しになってるんだなー。
土屋鞄も、2、3年前はこんなにすごい売り切れるとか、サーバーダウンとか、発売日にネットつながらないとかはなかったはず。何が起きているんだ日本。

そんな折、こんな記事をみつけました。

『「ランドセル争奪戦」年々早まる理由とは?』
参照:http://www.news24.jp/articles/2016/07/08/07334793.html

こちらの記事では土屋鞄の混乱を例にあげて、なぜランドセルの販売時期が年々はやまっているかについて記載されています。
また、年代別のランドセル販売時期のピークも挙げられてました。

以下引用

2010~2011年は「1月」

2012~2013年は「12月」

2014~2015年は「8月」

2016年は「ゴールデンウイーク」?

引用終わり

この記事ではランドセルは祖父母に買ってもらう人が多いため、帰省の時期単位で早まっていると分析されています。
2016年はゴールデンウイークとなってますが、たぶんそこまで早くはなかったのでは?

土屋鞄に関しては、おそらく今年は一度目の展示会に出てその場で注文すれば全種類購入可能でした。私が行った一度目の展示会は7月初旬。
店舗がない地域に住んでいても、実物をみなくてもいい!という固い決意があるならば、2回目の展示会を待たずして購入すれば7月頭くらいまではだいたい購入できるのではないでしょうか?

なんとなくですが、6月も地域によっては運動会などのイベントあるから、結構ランドセルの話が出るし、祖父母に会う機会があるご家庭もあるのでは?いやーもう年長さんなんだねー来年は小学生か~。あ、ランドセル買わないとね!みたいな。
で、7月から動くと。すんません、これまんま我が家のパターンです。

そもそも年々購入が早まる原因って何なんだ?

就職活動も年々早くなっていった時ありましたよね。
ランドセルはなんで年々購入時期が早まってるんだろう?子どもは減ってるはずなのに、在庫がなくなるのはなんでなんだろう?

工房系ランドセルと、一部ブランドランドセル以外はそんなに売り切れてない?工房系ランドセルが人気の理由は?

今回買えないやら在庫が早くになくなるやら言われてるのって、土屋鞄等の工房系ランドセルが主だと思うんですよ。
また、少し前から人気のあるナイキとかプーマとか一部ブランド系のランドセル。こちらのブランド系は昔から入手しづらいらしいので一旦置いといて。

土屋鞄ランドセルにはじまる工房系ランドセルって、なんでそんなに人気なの?

じゃあ土屋鞄系の工房系ランドセルはなんで?なんでそんなに売り切れるのが早いの?と考えると、今の親世代の好みにドンピシャなのが、工房系ランドセルなんじゃないか、って頭悪いながらに考えてみました。
だってさー私たちがこどものころなんて、テカテカした反射板とか、キラキラした装飾とかついてなかったじゃん?
完全に自分の主観になるんだけど、三十路以上って、高級感があってシンプルなものが大好きじゃん?工房系ランドセルはこの点をとっても上手に突いてくるのよ。

と、突如なれなれしく語ってみましたけど、そういうことかと。

祖父母に買ってもらうとはいえ、結局最後に決定権があるのって両親だと思うんですよ。
となると子どもに、どんなランドセルを背負ってほしいか、という気持ちをありったけこめて、ランドセルを選ぶと思うんですよね。その場合、土屋鞄系の工房系ランドセルが第一候補にあがるのかと。
まあ、実際丈夫で、造りはしっかりしているので、単に好みの問題だけじゃなく機能性も兼ね備えているところも、選ばれるポイントなのかと。同じくらいのお金を出すなら丈夫でしっかりした造りのほうが良いですし。
そして、このシンプルなデザインなら、祖父母受けもよいので、スポンサーである祖父母の了承も、比較的取りやすいのではないでしょうか?

なーんて我が家の話を一般的な話に置き換えてちょっとだけ語ってみましたが、実際のところはどうなんでしょう?
工房系ランドセルがほしいみなさん、なんでかおしえてー!
そして3年後に控える弟のランドセル購入のときはさらに早く動かないといけないな、と実感したのでした。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする