土屋鞄の展示会に行ってランドセルを買ってきたよ!(男児)

土屋鞄展示会1_1

我が家の上の子は来年の春から一年生です。

男児ですし、ランドセル何でもよいかなーなんて思っていたのですが、ちらっと各社HPを観てみるとまあー色々情報がわんさか。
各社色々な種類のランドセルを出していますが、やはり価格はそれぞれそこそこします。

おなじ金額をかけるなら、しっかりした造りで、シンプルで丈夫なランドセルがいいなぁーと思っていたところ、土屋鞄を知りました。

結果から言うと、展示会に行き、その場で土屋鞄のランドセルを買っちまいました!!

Contents

スポンサーリンク
レクタングル大広告

最近のランドセルのデザイン

管理人は現在33歳、バリバリの昭和生まれです。
ランドセルといえば、赤か黒。素材は牛革かクラリーノ(人工皮革)。

とりあえずネットサーフィンで最近のランドセルを見始めたのですが、なんかキラキラしてたり、ピカピカ光ったり、なんかすごい!
日曜朝のスーパーヒーロータイムのCMで、ある程度ランドセルのデザインが最近キラッキラしているのはっ知ってましたが、本当に色々な種類があります。

一つのメーカーだけで色違いも含めると100種類以上になるメーカーもあります。軽くめまいがしてきました…

男の子に人気なのは、ナイキやプーマのスポーツブランド系ランドセル。毎年完売らいいです。

土屋鞄のデザインはシンプル、保護者に大人気

色々調べていると、なんだかランドセルのデザインがカクカクしてたり、ピカピカしてたり、色とりどりのラインが入っていたりで、おばちゃんは実物を見る前に倒れそうです。

そんな中、「ランドセル シンプル」などと検索していたところ、「工房系ランドセル」なるものたちを発見しました。

工房系ランドセルは、工房で職人さんが手縫いで作っているようなランドセル。
すごくシンプルなデザインなものが多く、非常に高級感があるのが特徴です。

高級感がある分、機能面では軽い!とか大きくてすっぽり!!とか、夜道でも光るよ!!とかはあまりありません。

本当に、昭和生まれも納得の、ふっつーのランドセルです。それでいて、すごくしっかりとした造りのものが多いとのこと。

ちょうどそのころ美容室に行ったのですが、そこの美容師さんのお子さんが、工房系ランドセルの、土屋鞄のシンプルなランドセルにして大満足した(親が)という話を聞きました。

というわけで、まずは土屋鞄を第一位候補に選ぶことにしました。

土屋鞄ランドセル、まずはカタログ請求し特徴がわかってきた。

まずはカタログ請求だ、とwebより請求。

土屋鞄カタログ_1
すぐに、ランドセルのカタログ、14万円の「軽井澤」ランドセルの専用カタログ、素材見本帖の3つが送られてきました。14万円のランドセルってあるのね…合掌。

それぞれの素材にそれぞれデザインがあり、牛革のベーシック、牛革のプレミアム、牛革のアンティーク、コートバーンのベーシック、クラリーノのベーシック、プレミアム…etc

色々選べるようになっており、色展開も豊富です。でも、混乱するほどデザインが豊富なわけではなく、管理人的にはちょうどいい感じ。

カタログも高級感がある造りになっており、非常に三十路心をくすぐります。まさにど真ん中。私がほしいわこのランドセル。しょえないけど。

土屋鞄のランドセルの素材

土屋鞄のランドセルの素材は主に3種類です。

・牛革
・コードバン
・クラリーノ(人工皮革)

素材見本にそれぞれサンプルとして本物がはってあり、実際にさわることができました。

土屋鞄カタログサンプル1_1

このほかにイタリアンレザー、ヌメ革、ダブルバットレザーがあります。

土屋鞄カタログサンプル2_1

それぞれの素材で、高級感やツヤ感、傷のつきやすさに差がありそうです。

今回のはイタリアンレザー、ヌメ革、ダブルバットレザーは割愛します。

買えないので…。(高すぎる)サンプルも、画像のみで、高級素材については本物は貼ってありませんでした。

土屋鞄のランドセルの防水性

土屋鞄のランドセルは防水加工が施されているので、ほとんどの素材が手入れ不要です。

が、一部高級な素材はあえて防水加工がされていなく、特別なお手入れが必要です。

まあ、手入れが必要なのが、超高級、数量限定な前出の「軽井澤」ランドセルのダブルバットレザーと、これまた傷つきやすい皮であえて素材感を楽しむ、高級素材のヌメ皮(9万円)のみなので、我が家には縁がなさそうです。

土屋鞄のランドセルの重さ

土屋鞄のランドセルは、どちらかというと思さがあるほうです。とっても軽い!とかふわふわ浮いてるよう!みたいなランドセルとは異なります。

重さは、牛革が1350~1400前後、コードバンが1420g前後、クラリーノ(クラリーノ・エフ)が1130前後です。

比べて軽いメーカーを例に挙げると、「ふわりぃ」が870g~980gと、「天使のはね」が960g~1170gと、かなり軽いです。

基本的に、工房系ランドセルは、あまり軽さは重視していないようですね。

土屋鞄のランドセルは6年間保証付き

大手メーカーはだいたいそうですが、土屋鞄のランドセルも6年間の保証がついています。

万が一壊れた際は土屋鞄に連絡すれば、対応してもらえるようです。

高い買い物ですからね、保証は大事です。HPを見る限り、「※内容によっては有償となります。」と記載があるので、すべてが無料で対応してもらえるわけではなさそうですが。

参照:http://www.tsuchiya-randoseru.jp/user_data/kinou_kodawari.php

土屋鞄のランドセルの価格は高いのか?

土屋鞄のランドセルは高級感が売りですが、高級=価格が高いのでしょうか?

管理人が調べた感触では、そんなに他のメーカーと変わらないと思います。

クラリーノのベーシックモデルは56000円ですし、牛革のベーシックは62000円、コードバンのベーシック90000円です。
本革については他のメーカーと比較しても、そこまで高すぎる感じはしませんね。

クラリーノの価格は他メーカーで安く出ているものもありますが、牛革、コートバンは他メーカーでもそれなりの値段です。

土屋鞄ランドセルの最大の問題、A4フラットファイル問題

ここまでは土屋鞄は好印象、管理人にとって良いところばっかーと思っていたところ、最初にして最大の問題が。
それはA4フラットファイル問題。土屋鞄のランドセルのサイズはそこまで大きくありません。どちらかというと小ぶりなほうかもしれません。
これは、A4のクリアファイルには対応していますが、A4フラットファイルには対応していないためです。
念のためにA4フラットファイルっていうのはこんなやつ↓

音楽の授業の楽譜をはさんだりするのに使う学校もあるらしく、毎日持ち帰りする学校もあれば、まったく6年間使わない学校もあるようで。
ある意味かけですが、管理人のネット調査によると、使う学校が多数派な気がします。

同じ学区に小学生の知り合いがいれば、教えてもらうのが一番良いですね。残念ながら引きこもりがちな管理人にはそんなこと気軽に聞ける知り合いはおりません…。

これはかなり悩ましい問題です。検討の余地あり。

管理人のランドセル遍歴?

素材と扱いに悩んだ幼少期

遍歴っていうかランドセルは1個しかもっておりませんでしたが、管理人は牛革の立派なランドセルを祖父母に買ってもらいました。

使えば使うほどとってもよくなじみ、風合いは気に入っていました。一方、3つ年下の妹はおそらくクラリーノのランドセルでした。

しかし、管理人の立派な牛革ランドセルは4年生ごろにはもうすでにつぶれていました!おそらく雪国なので、男子のようにソリにして遊んだり、上に座ったりしてたからかと…

一方の妹のランドセルはつぶれてません。なぜだ。牛革がなじみすぎたのか?

管理人はそれでも気合と意地で6年間ランドセルをしょいつづけました。つぶれてたけど。

しかし、これはクラリーノだったらつぶれなかったのか?牛革の風合いは好きだけども、耐久性ってどうなんだろうか?
管理人のトラウマで、素材に対する疑問がわいてきました。これは直接土屋鞄に聞かなければ、と。

ちなみに母に聞いたところ、「妹は性格的に、ランドセルに乗ったりしてないからだと思う」と言われちまいました…

牛革は立派すぎて扱いづらい?

また、牛革ランドセルはいちいちすべてが立派で、扱いが非常にしにくかったような記憶もあります。

大きさも土屋鞄と同じく小さめで、A4フラットファイルは入れると少しはしのほうが折れていた気もします…。

管理人は不器用でしたので、クラリーノの良い意味で気軽な、軽い造りで大きなランドセルがうらやましかった記憶もあります。
低年齢のうちを考えると、クラリーノの大きいサイズの、メジャーなメーカーのランドセルが良いのかな~?息子も私に似て、準備モタモタするほうだしなー。

色々と悩んできました。

で、結局ランドセルってさ、どの時期に買うの?

就職活動しかり、幼稚園選びしかり、昨今はなんでも早くにスタートを切ります。

管理人がもたもたと考えているうちに、ランドセルも例にもれず、すっごい人気のものはGWには売り切れたりするという都市伝説を、ママ友さんからお聞きしました。

目を付けていた土屋鞄も、昨年は9月には全品売り切れ、夏には欠品がちらほら出たという噂を聞きました。

のんびりしている私なので、ぼやぼやしているうちにランドセルがどんどん品薄になるのは目に見えてました。

なぜか幼稚園の先生にも、ランドセル、急いだほうが良いですよーとせかされ、ぼちぼち見に行かないと!と思えたのが6月頃でした。

あれれ、うちの近くに土屋鞄のショップがない

我が家は北の大地に住んでおります。
早速土屋鞄の現品を見に行こう!と思ったのですが、なんとショップがない。飛行機に乗らないといけない距離にしかありません!

さすがにこんなに高額なランドセルを直接見もしないで買う勇気はない。

そうだ、土屋鞄の展示会に行こう

土屋鞄のHPをまじまじとチェックしたところ、展示会を全国各地で開いていることに気が付きました。

我が家の近くでも、7月に2回ほど展示会開催予定。これは行かなくては!
早速一回目の展示会に足を運ぶことにしました。

土屋鞄ランドセルの高級感にビビる

展示会は、駅の近くのホテルで行われていました。シティホテルなんて子連れで来たことないので、静かにしてられるかビビりながら行きました。
到着すると、ホテルの様子がいつもと違います。会場となる階のエレベーターをあけるとそこはまるで保育園でした。泣き叫ぶ下の子、友達と走り回る上の子。ああ、ここは大丈夫だ。シティホテルだけど、子連れでも大丈夫だ。と少し安心しました。

早い時間は入場制限がかかっており、ディズニーランドばりに行列ができていたそうです。

管理人は少し遅い時間に行ったので、比較的すんなり会場に入ることができました。暑い日だったので、ホテルスタッフがお水を用意してくれ、セルフサービスで飲むことができました。

ランドセル背負い放題です。

土屋鞄展示会2_1

牛革、コートバン、クラリーノ、土屋鞄のランドセルを直接見た最初の印象

人ごみの中ランドセルを見学。色々な種類、色があり、比較的ラインナップがすっきりしている土屋鞄ですが母は少し混乱。

クラリーノは持った感じ軽く、扱いやすそう。しかしやはり他2種類の皮に比べると、背あてのつくりなどが少しだけチープな感じがしました。
牛革はかなりしっかりしていて、背あての部分のつくりもどっしりしてる。丈夫そう。コードバンもここは牛革とおなじでした。

土屋鞄のスタッフさんに、素材ごとの耐久性、丈夫さを質問

土屋鞄のスタッフさんに、それぞれの素材の耐久性を聞いてみました。基本的に素材ごとに丈夫さが違うということはないとのこと。

内部の構造はすべて一緒なので、違いは表面の皮の種類。

土屋鞄の牛皮ランドセルは男子に一番人気

そのなかでも男の子に一番人気なのは牛革。牛革最大の特徴は、本当に傷がつきにくいことだそうです。
他の二つはある程度の傷はしょうがないようですが、牛革は男の子が多少雑にあつかっても、傷がつきにくく、毎年男子に一番人気だそうです。

確かに展示会にあるコートバンとクラリーノは、すでに薄い線などの傷が入っていたものもありますが、牛革にそのような商品はありませんでした。

まさかの息子がコードバン希望

そんな中息子は色々吟味し、馬(コードバン)がいい!と言い出しました。え、あんたそれってめっさ高いやつやん…。

理由を聞くと、「ツヤツヤしてるから」とのこと。違い分かるのかよ。

確かに見た感じコートバン高級感がかなりあり、つやも上品な感じに出てました。素敵。私がほしいわ。しかしやはり、傷には弱そうな感じです。
ツヤが良いならクラリーノでいいじゃん!と言うも、息子は馬がいい!!コードバンがいい!とのこと。お前、違いわかるの(略

いろいろ見すぎておなかも減って、母も、一緒に行った父も、同行した下の子も大混乱し始めました。

いったん会場を出て少し落ち着いて考えよう

入場無料で自由に出入りできるので、とりあえず腹ごしらえ!といったんホテルからでて近場でお昼ご飯をたべました。
会場でもらったカタログを見ながら色々考えました。(これはカタログ請求で送られてきたものと同じものでした。)

直接土屋鞄のランドセルを見てしまうと、やはり皮の素晴らしさがものすごく印象的でした。

せっかく土屋鞄で買うなら、クラリーノよりやはり牛革かコートバンが良いような気がしました。(※あくまで管理人の主観です)

息子希望のコートバンは、見た目のツヤ感、高級感は素晴らしいけれども、価格と耐久性を比較して、購入に踏み切れるほど安くはない(我が家は)。

ましてや我が家は男児。性格にもよるが、女児にくらべて傷だらけになるのは目に見えてるので、傷のつきにくさ、というのはやはりかなり重要です。

牛革は丈夫で傷もつきにくいし、年数が経つと味が出ていくのも好ましい(私が)。

重さや扱いにくさは、日々使っていれば年々体力がついたり、使い方を工夫したりすることで、逆に成長できるかもしれない(という希望的観測)。

私自身、牛革のランドセルは扱いにくくてトラウマもあるけれど、使えば使うほど皮がなじんでいって、そこが好きで6年間持てたのもあるかもしれない。

よし、決めた!土屋鞄の牛革のランドセルを買おう!と決意したのです。

ちょっと待て、A4フラットファイル問題はどうしようか

ホテルに戻って注文するぞ!と思っていたところで、A4フラットファイル問題を思い出しました。

そうだ…入らないんだった…うちの子の不器用はかなりのものだぞ…どうする。

スマホで急きょ検索すると、今はコクヨからランドセルに合わせた(?)、A4フラットファイルのSサイズというものが出ているそう。「A4-S」と書いてあるものがそうらしい。


これならA4クリアファイルのみ対応のランドセルにぎりぎり入るかもしれないとのこと。これなら…いけるか!

最後は勢いで、牛革のアンティークモデルを予約購入!

牛皮アンティークモデル

参照:http://www.tsuchiya-randoseru.jp/products/detail.php?product_id=126

せっかく来たんだ、最後は勢いだ!とホテルに戻って、最後は勢いで牛革ランドセルのアンティークモデルの黒を購入予約しました。料金は代引きです。

息子も最後は、なんでもいいー!色は黒ね、あとはママに任せる!!となり、コートバンのことはお昼を食べたら忘れたようです。そして弟とあそんでました…。

牛革の黒はベーシックかアンティークモデルしかなく、一気に候補が絞れました。予約の際にスタッフの方に聞いたところ、毎年1番人気が牛革ベーシックモデル、2番目に人気なのが牛皮アンティークモデルとのことです。

A4フラットファイル問題は、今後ランドセルが届き、使用をはじめてから考えたいと思います(投げやり)。

とりあえずコクヨのSサイズのフラットファイル買っとくかー。

土屋鞄は男の子におすすめなのかも?

土屋鞄のランドセルは、非常にシンプルで、牛革は傷がつきにくく、丈夫です。

色展開も男の子用の色もたくさんあり、デザインにこだわりのない男の子に向いているのかなーと感じました。

息子のお友達の女の子も展示会に来ていたのですが、先にキラッキラのランドセルを見てきたので、見向きもしない…と言ってました。
もちろん、女の子もいっぱい来場してましたし、シンプル好きの女の子なら、とても楽しく選べると思います。

さてさて、注文したランドセルは、2月に届くとのこと。(結構先だなー)
届いたらまたレビューしますので、こうご期待!!

追記:ランドセル届きましたー!更新しました↓

参照:土屋鞄のランドセルが届きました!牛革アンティークモデル黒!

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする